ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~(今日はネタバレがあります!ご注意です!!)
装甲戦列艦を目標にしたレベル上げが終わりまして、
アップデート前の最後の大海戦も終わりました。

 そして今日から一週間は、
ジャンルを変えまして冒険を頑張ってみようと思います。

 そんな今回の冒険、わたしにしては珍しく、ひとつ大きな目標があるのですが・・・
達成できるかどうかは、まだちょっとわかりません(´・ω・`)

021411 213837

 さて、冒険再開後の初回はいきなり、
↑こんな大型の連続クエストに挑戦してきました。

021411 213913

 ジセルさんによれば、
インカ帝国には女神の魂が封じられたエメラルドがあるそうなのです。

 なんでもダチョウの卵ほどの大きさがあるエメラルドで、
城一つが簡単に手に入ってしまうほどの価値があるそうです。

021411 214008

 しかし、ここで突然意外な人物が顔を出したのです。
彼は盗掘を生業としています、「シュレッテンワルダー」という方です。

 以前にパレンケのパカル王墓を調査した際の騒動でお知り合いになりまして、
その後も彼自身の過去を探る形で、何度か調査もご一緒したのでした。

 ジセルさんから、インカで冒険者の失踪が相次いでいるという警告を受けましたが、
シュレッテンワルダーさんの勢いに押されて、宝石探しに同行することになりました。

021411 220140

 というわけで南米のリマへやってきたわたしたち。
するとシュレッテンワルダーさん、計っていたように現地の方から、
冒険者襲撃事件に関する聞き込みを始めてしまったのです。

 聞き込みのお話を理解できないなりに整理しますと、
冒険者は全員白人で、「キープ」と呼ばれる物を持っていたそうです。

 そしてそのキープが示しているものこそ、
女神の魂が封じられた宝石の在りかだったのです。
その宝石の名前は、「ウミナの魂」。

 ・・・どうやらシュレッテンワルダーさんは、
最初から宝石の詳細をご存じだったようです。

 仮面の件に続いてまたしても、一杯食わされてしまったということでしょうか。
でもあの時は、その後妖精のオパールの件で強引な手段に出たりもしましたので、
これでおあいこですね(*゚ー゚)

021411 220644

 この後インカ帝国でキープを運ぶ役割を持った、
「チャスキ」という方が使っていた袋を発見しました。

 実はここではその他にも、インカ人に変装した謎の人物との遭遇や、
「チブチャ」という民族出身の太陽の巫女、「ラウア」さんとの出会いがありました。

 ラウアさんがおっしゃるには、「ピサロ」という名の白人が、
帝国の外で不審な動きを見せているそうなのですが・・・

021411 223839

 その後すぐに、リマで別れたきりのシュレッテンワルダーさんから、
ポルトベロのラウルさんを通じて連絡が入ってきました。
どうやらピサロの調査を独自に進めていたようなのです。

 どうやらピサロは新大陸帰りの船乗りから、
ウミナの魂に関する情報を入手していたようです。

021411 231113

 そんなピサロが最近集中して探索していたのが、
ここトゥンベス周辺のようなのです。

 この街の住人の方によりますと、
ピサロは「チブチャ」という民族との間で、
人を殺めるほどの険悪な関係になっていることがわかりました。

 そんなピサロの手からキープを守ろうとして、
チブチャ族がクスコへ向けてチャスキ(キープを運ぶ役割の人)を放ったその道中、
先回りしたピサロによって、キープを盗まれてしまったようなのです。

 そしてその時殺されたチャスキは、
この情報を伝えて下さった住人さんの息子さんだったのです。
息子さんの死の真相を知る為、必死に調査を続けていたそうです。

021411 230945

 調査は進展したのですが、
キープはピサロの手に落ちていたことが確実になりまして、
そうなるとウミナの魂の行方も、最悪の結末を考えなくてはならないでしょう。

 しかし幸いなことに、
いまのところはウミナの魂が奪われたという情報までは入ってきていません。
キープを手にしたピサロが未だにウミナの魂を手に出来ないのには、
なにか理由があるのでしょうか。
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
021411 213837

 さて、冒険再開後の初回はいきなり、
↑こんな大型の連続クエストに挑戦してきました。

021411 213913

 ジセルさんによれば、
インカ帝国には女神の魂が封じられたエメラルドがあるそうなのです。

 なんでもダチョウの卵ほどの大きさがあるエメラルドで、
城一つが簡単に手に入ってしまうほどの価値があるそうです。

021411 214008

 しかし、ここで突然意外な人物が顔を出したのです。
彼は盗掘を生業としています、「シュレッテンワルダー」という方です。

 以前にパレンケのパカル王墓を調査した際の騒動でお知り合いになりまして、
その後も彼自身の過去を探る形で、何度か調査もご一緒したのでした。

 ジセルさんから、インカで冒険者の失踪が相次いでいるという警告を受けましたが、
シュレッテンワルダーさんの勢いに押されて、宝石探しに同行することになりました。

021411 220140

 というわけで南米のリマへやってきたわたしたち。
するとシュレッテンワルダーさん、計っていたように現地の方から、
冒険者襲撃事件に関する聞き込みを始めてしまったのです。

 聞き込みのお話を理解できないなりに整理しますと、
冒険者は全員白人で、「キープ」と呼ばれる物を持っていたそうです。

 そしてそのキープが示しているものこそ、
女神の魂が封じられた宝石の在りかだったのです。
その宝石の名前は、「ウミナの魂」。

 ・・・どうやらシュレッテンワルダーさんは、
最初から宝石の詳細をご存じだったようです。

 仮面の件に続いてまたしても、一杯食わされてしまったということでしょうか。
でもあの時は、その後妖精のオパールの件で強引な手段に出たりもしましたので、
これでおあいこですね(*゚ー゚)

021411 220644

 この後インカ帝国でキープを運ぶ役割を持った、
「チャスキ」という方が使っていた袋を発見しました。

 実はここではその他にも、インカ人に変装した謎の人物との遭遇や、
「チブチャ」という民族出身の太陽の巫女、「ラウア」さんとの出会いがありました。

 ラウアさんがおっしゃるには、「ピサロ」という名の白人が、
帝国の外で不審な動きを見せているそうなのですが・・・

021411 223839

 その後すぐに、リマで別れたきりのシュレッテンワルダーさんから、
ポルトベロのラウルさんを通じて連絡が入ってきました。
どうやらピサロの調査を独自に進めていたようなのです。

 どうやらピサロは新大陸帰りの船乗りから、
ウミナの魂に関する情報を入手していたようです。

021411 231113

 そんなピサロが最近集中して探索していたのが、
ここトゥンベス周辺のようなのです。

 この街の住人の方によりますと、
ピサロは「チブチャ」という民族との間で、
人を殺めるほどの険悪な関係になっていることがわかりました。

 そんなピサロの手からキープを守ろうとして、
チブチャ族がクスコへ向けてチャスキ(キープを運ぶ役割の人)を放ったその道中、
先回りしたピサロによって、キープを盗まれてしまったようなのです。

 そしてその時殺されたチャスキは、
この情報を伝えて下さった住人さんの息子さんだったのです。
息子さんの死の真相を知る為、必死に調査を続けていたそうです。

021411 230945

 調査は進展したのですが、
キープはピサロの手に落ちていたことが確実になりまして、
そうなるとウミナの魂の行方も、最悪の結末を考えなくてはならないでしょう。

 しかし幸いなことに、
いまのところはウミナの魂が奪われたという情報までは入ってきていません。
キープを手にしたピサロが未だにウミナの魂を手に出来ないのには、
なにか理由があるのでしょうか。
スポンサーサイト

【2011/02/14 23:45】 | 大航海時代
トラックバック(0) |


ファー
シュレッテンワルダー…
前はだたの敵だったのに、どんどんイイヤツになっていきますよねーw


ペンソル
そうですね~w
最初はあの冒険クエストのみのキャラクターだと思っていましたら、
エピソードで絵まで出てきて、驚きましたw

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
シュレッテンワルダー…
前はだたの敵だったのに、どんどんイイヤツになっていきますよねーw
2011/02/15(Tue) 08:03 | URL  | ファー #3/VKSDZ2[ 編集]
そうですね~w
最初はあの冒険クエストのみのキャラクターだと思っていましたら、
エピソードで絵まで出てきて、驚きましたw
2011/02/15(Tue) 23:23 | URL  | ペンソル #bxvF113M[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。