ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~(今日はネタバレがあります!ご注意です!!)
インドの聖典に続きまして、今日も連続クエストを頑張ってきました。

 誰もが知っているポピュラーなお話し・・・と思いきや、
意外に一癖ありまして、おっかない。---そんな物語です。

012211 212856

 「眠りの森の王女」
そんな名前の伝説を調査してほしいと、
マルセイユ冒険ギルドに、マルグリット王女直々の依頼が届いていました。

012211 213857

 その伝説とは、とある王女が百年間も眠り続けて王子を待ち、
最後には無事に結ばれる、と大まかにはそんなあらすじなのだそうです。

012211 221547

 その後調査を進めて、伝説の具体的な内容が分かってきました。
---ある日とある国王夫妻の間に、一人の女の子が産まれたそうです。
王は産まれてきた姫に徳を授ける為、国中の預言者を集めました。
しかしその場に、たった一人だけ預言者を招き忘れてしまったのです。

 その預言者が幼い姫に対して、
紡錘(糸を紡ぐ道具)が刺さって死ぬ、と呪いをかけてしまいました。

 しかし残っていた別の預言者が機転を利かせて、
「死」の呪いを「百年の眠りにつく」予言に変えたのです。

 その後数年が経ち成長したオーロラ姫は、
予言通りに紡錘が刺さって、百年の眠りに落ちてしまいます。

012211 221751

 百年間眠り続けた姫はご存知のように、
王子様が訪れることによって、ついに眠りから解放されるのです。
しかしここでめでたしめでたし、とは終わらないようで・・・

012211 222534

 オーロラ姫と出会った王子でしたが、
すぐに姫をお城へ迎え入れようとはしませんでした。

 なぜなら王子の母親には、
娘や子供の肉を好んで食べるという、恐ろしい悪癖があったからなのです。

 その後、2年の歳月を経てようやく二人は結婚し、
オーロラ姫は子供を儲けまして、王子は新しい王になることも決定しました。

 そんな新王が不運にも戦場へ向かい城を離れている時、
とうとうオーロラ姫は新王の母親に目を付けられてしまうのです。

 しかし間一髪で戻った新王によってなんとか助け出されたオーロラ姫は、
今度こそ幸せに暮らしたそう・・・です。
ハッピーエンド・・・と言えるのか言えないのか分かりませんね(゚∀゚ ;)

012211 224818

 ちなみにオーロラ姫の子孫によって、
ロンドンに渡っていました発見物、「オーロラ姫のティアラ」なのですが、
ある貴族さんが道具屋さんへ売却し、道具屋さんは時代遅れという理由で、
ティアラを教会へと寄贈なさって、教会の方はその存在すら忘れていました。

 最終的には忘れられた倉庫の鍵を開けまして、
ようやくティアラを発見することができたのです。

 もしかするとこのティアラも、
百年の眠りの予言を受けてしまっていたのかもしれませんね~(。-`ω´-)
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
012211 212856

 「眠りの森の王女」
そんな名前の伝説を調査してほしいと、
マルセイユ冒険ギルドに、マルグリット王女直々の依頼が届いていました。

012211 213857

 その伝説とは、とある王女が百年間も眠り続けて王子を待ち、
最後には無事に結ばれる、と大まかにはそんなあらすじなのだそうです。

012211 221547

 その後調査を進めて、伝説の具体的な内容が分かってきました。
---ある日とある国王夫妻の間に、一人の女の子が産まれたそうです。
王は産まれてきた姫に徳を授ける為、国中の預言者を集めました。
しかしその場に、たった一人だけ預言者を招き忘れてしまったのです。

 その預言者が幼い姫に対して、
紡錘(糸を紡ぐ道具)が刺さって死ぬ、と呪いをかけてしまいました。

 しかし残っていた別の預言者が機転を利かせて、
「死」の呪いを「百年の眠りにつく」予言に変えたのです。

 その後数年が経ち成長したオーロラ姫は、
予言通りに紡錘が刺さって、百年の眠りに落ちてしまいます。

012211 221751

 百年間眠り続けた姫はご存知のように、
王子様が訪れることによって、ついに眠りから解放されるのです。
しかしここでめでたしめでたし、とは終わらないようで・・・

012211 222534

 オーロラ姫と出会った王子でしたが、
すぐに姫をお城へ迎え入れようとはしませんでした。

 なぜなら王子の母親には、
娘や子供の肉を好んで食べるという、恐ろしい悪癖があったからなのです。

 その後、2年の歳月を経てようやく二人は結婚し、
オーロラ姫は子供を儲けまして、王子は新しい王になることも決定しました。

 そんな新王が不運にも戦場へ向かい城を離れている時、
とうとうオーロラ姫は新王の母親に目を付けられてしまうのです。

 しかし間一髪で戻った新王によってなんとか助け出されたオーロラ姫は、
今度こそ幸せに暮らしたそう・・・です。
ハッピーエンド・・・と言えるのか言えないのか分かりませんね(゚∀゚ ;)

012211 224818

 ちなみにオーロラ姫の子孫によって、
ロンドンに渡っていました発見物、「オーロラ姫のティアラ」なのですが、
ある貴族さんが道具屋さんへ売却し、道具屋さんは時代遅れという理由で、
ティアラを教会へと寄贈なさって、教会の方はその存在すら忘れていました。

 最終的には忘れられた倉庫の鍵を開けまして、
ようやくティアラを発見することができたのです。

 もしかするとこのティアラも、
百年の眠りの予言を受けてしまっていたのかもしれませんね~(。-`ω´-)
スポンサーサイト

【2011/01/22 23:11】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。