ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~
いまこうして日記を書いているわけなのですが、
そうこうしている間にも、2011年の足跡が近づいてきています。
というわけで・・・

061310 141144


 今年一年を簡単にですが、振り返ってみようと思います。
いつものように今日のことを書いても、引き上げた船は東インド会社のものばかりで、
さしあたって記録することもありませんので(゚∀゚ ;)

030710 173902

 さて、そんな2010年が始まったばかりの1月4日。
その日から3月7日まで、わたしはずっと造船をしていたのでした。

 記念すべき第一歩をベイルートで踏み出しまして、
セビリアでカッターを造り、準備は万全とマニラへと渡ったのです。
その後は長い長いサムブーク造りの日々を送りました。

 なんとかR15を達成した後、
最後の仕上げとしてアルジェでガレーを造ってフィニッシュ!
長い長い、本当に大変な日々でした(;^ω^)

 いまから思い返せば、
頑張って上げておいて本当に良かったと思えます(*・∀・)

031910 231450

 そんな造船を達成した後は、
後々ダンジョンで役に立ってくれる、剣術や応用剣術の修行をしたり、
カツオだし商会で企画して下さった、パタニスクールに参加したりしました。
このおかげで、海事レベルが60に一気に近づくことができたのでした(*゚ー゚)

042710 230116

 そういえば2010年は、
アジアの地域が次々に完成していった年でもありました。

 「Ilha Formosa」・「The Morning Calm」・「The Land of the Dragons」と、
新しい街が登場するたびに、お友達と観光して盛り上がっていましたね~

081510 172350

 さて、わたしが一番好きな「冒険」に関して振り返ってみますと、
やはり一番印象深いものが「連続クエスト」です。

 太平洋の島々に伝承として伝わる、ハワイキ探し。
リラの香りで紡がれた、絆と願いの物語。
悲劇に囚われたとある友人、シュレッテンワルダーさんとの決闘。

 他にもダヴィンチさんから投げかけられた難問や、
神話に登場する武器をたくさん発見したりしました。

 こういった物語として楽しめる面もまた、
冒険の大きな魅力の一つだと思います(*゚ー゚)

082410 004042

 そうそう!
そんな大冒険に次ぐ大冒険の成果が実りまして、
憧れの「大型クリッパー」に乗れるようにもなったのでした(^▽^*)
本当に嬉しかったですね~この時は。

062710 221738

 冒険の思い出はまだまだあります。
エピソードの関係で訪れていなかった、「クスコ」と「マチュピチュ」を、
↑こんなにたくさんの方々と発見することができたのです!

 あの時はツアーを組んで頂いて、本当にありがとうございました*_ _))
もちろんツアーの後は関連クエストを行う為に、
インカ帝国へ入り浸っていたのは言うまでもありません(゚∀゚ ;)

100310 214659_4

 一部冒険とお話は前後しますが、
10月に入ると新しく熱中し始めたのが、「陸戦」でした。

 商会に陸戦にとても詳しい方がいらっしゃって、
テクニック修行や指南書探し、ダンジョンに至るまで、
付きっきりでお世話して頂きました。

 その後、ダンジョンでのアイテム集めや罠スキル上げなど、
新しい大航海時代の楽しさに気付きまして、
台湾の「紅毛城」という、お気に入りのダンジョンもできました(*゚ー゚)

 商会でとてもお世話になった方々以外にも、
ダンジョンで新しく知り合えたお友達も出来まして、
それが一番嬉しいことかもしれません(*-∀-)ゞ

101710 001721

 連続クエスト以外の大きな冒険として、
今年は「世界周航」にも挑戦したのでした。

 終始順調に進んでいたのですが、
最後の最後一番盛り上がるところで、戦闘中に停戦状を使ってしまい---

 一瞬状況が理解できず、
その直後に自分の停戦状が原因と分かった瞬間・・・
あの時は血の気が引いてしまいましたよ(゚∀゚ ;)

121310 000505

 さて時間が追いついてきまして、
現在進行形で行っているのが、「クマ探索隊」です。

 デュミトロさんがいつも計画を立ててくださっていまして、
すっかり休日の恒例行事のようになってきました(*・∀・)

 クマへの道は本当に長いですが、
このまま確実にクエストを進めていけば、
クマの発見も遠い日ではないですよねd('∀'o)

 ---さて、振り返ってみますと、
本当に思い出がたくさんあったことを再認識できました。

 そんな思い出の中で、
いつも親切にして下さった商会やお友達の方々。

 時に褒めたり慰めて頂いたこと。
一緒に感動したり、喜んだり笑ったりしたこと。

 一つ一つがわたしにとって、
嬉しかったり、興奮したり、考えるきっかけになったり。
そういったいろいろな形で係ってくださって、本当にありがとうございました。

 そんな大航海時代を、
来年も変わらずに楽しんでいたいと思っています。
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
061310 141144


 今年一年を簡単にですが、振り返ってみようと思います。
いつものように今日のことを書いても、引き上げた船は東インド会社のものばかりで、
さしあたって記録することもありませんので(゚∀゚ ;)

030710 173902

 さて、そんな2010年が始まったばかりの1月4日。
その日から3月7日まで、わたしはずっと造船をしていたのでした。

 記念すべき第一歩をベイルートで踏み出しまして、
セビリアでカッターを造り、準備は万全とマニラへと渡ったのです。
その後は長い長いサムブーク造りの日々を送りました。

 なんとかR15を達成した後、
最後の仕上げとしてアルジェでガレーを造ってフィニッシュ!
長い長い、本当に大変な日々でした(;^ω^)

 いまから思い返せば、
頑張って上げておいて本当に良かったと思えます(*・∀・)

031910 231450

 そんな造船を達成した後は、
後々ダンジョンで役に立ってくれる、剣術や応用剣術の修行をしたり、
カツオだし商会で企画して下さった、パタニスクールに参加したりしました。
このおかげで、海事レベルが60に一気に近づくことができたのでした(*゚ー゚)

042710 230116

 そういえば2010年は、
アジアの地域が次々に完成していった年でもありました。

 「Ilha Formosa」・「The Morning Calm」・「The Land of the Dragons」と、
新しい街が登場するたびに、お友達と観光して盛り上がっていましたね~

081510 172350

 さて、わたしが一番好きな「冒険」に関して振り返ってみますと、
やはり一番印象深いものが「連続クエスト」です。

 太平洋の島々に伝承として伝わる、ハワイキ探し。
リラの香りで紡がれた、絆と願いの物語。
悲劇に囚われたとある友人、シュレッテンワルダーさんとの決闘。

 他にもダヴィンチさんから投げかけられた難問や、
神話に登場する武器をたくさん発見したりしました。

 こういった物語として楽しめる面もまた、
冒険の大きな魅力の一つだと思います(*゚ー゚)

082410 004042

 そうそう!
そんな大冒険に次ぐ大冒険の成果が実りまして、
憧れの「大型クリッパー」に乗れるようにもなったのでした(^▽^*)
本当に嬉しかったですね~この時は。

062710 221738

 冒険の思い出はまだまだあります。
エピソードの関係で訪れていなかった、「クスコ」と「マチュピチュ」を、
↑こんなにたくさんの方々と発見することができたのです!

 あの時はツアーを組んで頂いて、本当にありがとうございました*_ _))
もちろんツアーの後は関連クエストを行う為に、
インカ帝国へ入り浸っていたのは言うまでもありません(゚∀゚ ;)

100310 214659_4

 一部冒険とお話は前後しますが、
10月に入ると新しく熱中し始めたのが、「陸戦」でした。

 商会に陸戦にとても詳しい方がいらっしゃって、
テクニック修行や指南書探し、ダンジョンに至るまで、
付きっきりでお世話して頂きました。

 その後、ダンジョンでのアイテム集めや罠スキル上げなど、
新しい大航海時代の楽しさに気付きまして、
台湾の「紅毛城」という、お気に入りのダンジョンもできました(*゚ー゚)

 商会でとてもお世話になった方々以外にも、
ダンジョンで新しく知り合えたお友達も出来まして、
それが一番嬉しいことかもしれません(*-∀-)ゞ

101710 001721

 連続クエスト以外の大きな冒険として、
今年は「世界周航」にも挑戦したのでした。

 終始順調に進んでいたのですが、
最後の最後一番盛り上がるところで、戦闘中に停戦状を使ってしまい---

 一瞬状況が理解できず、
その直後に自分の停戦状が原因と分かった瞬間・・・
あの時は血の気が引いてしまいましたよ(゚∀゚ ;)

121310 000505

 さて時間が追いついてきまして、
現在進行形で行っているのが、「クマ探索隊」です。

 デュミトロさんがいつも計画を立ててくださっていまして、
すっかり休日の恒例行事のようになってきました(*・∀・)

 クマへの道は本当に長いですが、
このまま確実にクエストを進めていけば、
クマの発見も遠い日ではないですよねd('∀'o)

 ---さて、振り返ってみますと、
本当に思い出がたくさんあったことを再認識できました。

 そんな思い出の中で、
いつも親切にして下さった商会やお友達の方々。

 時に褒めたり慰めて頂いたこと。
一緒に感動したり、喜んだり笑ったりしたこと。

 一つ一つがわたしにとって、
嬉しかったり、興奮したり、考えるきっかけになったり。
そういったいろいろな形で係ってくださって、本当にありがとうございました。

 そんな大航海時代を、
来年も変わらずに楽しんでいたいと思っています。
スポンサーサイト

【2010/12/30 23:59】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。