ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~(今日はネタバレがあります!ご注意です!!)
先週行われました「Christmas」アップデート。
ツリーにダンジョンにと、日記にも書いたりしてきました。

 しかし冒険大好きなわたしとしては、
どうしても忘れてはいけないものが残されていたのです---

122110 205720

 そんな忘れられないものを手にする為、
まずはその足がかりとなるクエストを受けます。
依頼主はあの、重慶の三国志大好きな娘さんのようですが・・・

122110 224436

 顔を出してみますと相変わらずのようです(;^ω^)
いまは伝国の玉璽の一件で一つになったご家族全員で、
歴史の研究を継続なさっているようです。
そんなわけで今回は、純粋に中国史に関する依頼のようですね。

 さっそく詳しく伺ってみますと、
再会したお父さんがある推論を立てたそうなのです。
その内容とは、三国志演義の武器が実在することを示すものだったのです。

122110 225354

 娘さんのお母さんに意見を求めてみますと、
「百錬鋼」と呼ばれる鉄を何度も叩いて鍛える技術があった為、
武器の作成自体は可能だという結論が出ました。

 ただし作れたことと実際に使われたことは別問題であり、
当時の武将達、特に蜀の関羽などが使用していた可能性は低いようです。

 理由として、蜀の国は基本的に足場が悪く、
関羽の武器が主に用いられた、馬上での戦い自体が困難であった為だといいます。

122110 230235

 ただし蜀が拠点を持つ以前の時期ならば、
この「青龍偃月刀」のような武器を使っていた可能性も十分に考えられます。

 そんな青龍偃月刀は、非常に大きな柄と刃を持った武器で、
刃にはその名に冠する青龍が刻み込まれています。

122110 230441

 実際に手にとってみますと↑こんなかんじです。
装飾といい存在感といい、高いレベルで個性的な武器ではないでしょうか(*゚ー゚)
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
122110 205720

 そんな忘れられないものを手にする為、
まずはその足がかりとなるクエストを受けます。
依頼主はあの、重慶の三国志大好きな娘さんのようですが・・・

122110 224436

 顔を出してみますと相変わらずのようです(;^ω^)
いまは伝国の玉璽の一件で一つになったご家族全員で、
歴史の研究を継続なさっているようです。
そんなわけで今回は、純粋に中国史に関する依頼のようですね。

 さっそく詳しく伺ってみますと、
再会したお父さんがある推論を立てたそうなのです。
その内容とは、三国志演義の武器が実在することを示すものだったのです。

122110 225354

 娘さんのお母さんに意見を求めてみますと、
「百錬鋼」と呼ばれる鉄を何度も叩いて鍛える技術があった為、
武器の作成自体は可能だという結論が出ました。

 ただし作れたことと実際に使われたことは別問題であり、
当時の武将達、特に蜀の関羽などが使用していた可能性は低いようです。

 理由として、蜀の国は基本的に足場が悪く、
関羽の武器が主に用いられた、馬上での戦い自体が困難であった為だといいます。

122110 230235

 ただし蜀が拠点を持つ以前の時期ならば、
この「青龍偃月刀」のような武器を使っていた可能性も十分に考えられます。

 そんな青龍偃月刀は、非常に大きな柄と刃を持った武器で、
刃にはその名に冠する青龍が刻み込まれています。

122110 230441

 実際に手にとってみますと↑こんなかんじです。
装飾といい存在感といい、高いレベルで個性的な武器ではないでしょうか(*゚ー゚)
スポンサーサイト

【2010/12/21 23:59】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。