ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~
ゲームとは関係のないお話なのですが、
今日は大相撲九州場所の千秋楽の日でした。

 場所前は横綱白鵬の連勝記録のみが注目になると思われましたが、
蓋を開けてみると波乱づくめの一場所だったように思います。

112810 120209

 そのお話はとりあえず置いておいて(;^ω^)
今日は罠習得の続きを頑張ってきました。

 ↑の装備・・・明らかに前が見えていないように思いますが、
実は投てき術がブーストされる装備なのです。
(;´-`)。oO(心の眼で見ているのでしょうか・・・)

112810 121759

 他にも仕掛け矢の最高峰である、猛毒矢と痺れ矢も習得することができました。
これで今ある罠の技は全て覚えたことになります。
トラップマイスター(o'ω'o)?

112810 140533

 その後、毒矢を習得しに南米へ行ったついでに、沈没船を引き上げました。
時間はかかりましたが、引き上げ自体は問題なく終わらせることができたのです。

112810 141400

 問題はその後に提示された地図でした。
・・・海しか描かれていません(。-`ω´-)

 40隻目にして早くもサルベージャ生命最大の危機です(-ω-ll)
あぶりだしをしてみれば、あるいは(;´・ω・)

112810 221027

 夜には昨日のツアーの続きにご一緒させて頂きました。
「猟犬」のクエストはお友達に出して頂いて、なんとかクリアすることができました!

 その後は、サンジョルジュやザンジバルで生物学のお勉強をしました。
知能がとても高い「ヨウム」や、有名な童謡とのギャップが激しい「アイアイ」。

 最後はインドまで足を延ばして、「ニシキヘビ」の調査も行いました。
これでクマクエストの予習は万全ですね!
どんな危険生物が現れても対処できる・・・ハズです(´・ω・`)

view0144380.jpg

 さてさて、九州場所は横綱白鵬が14勝1敗で優勝しました。
2日目に稀勢の里関に敗れ、連勝記録は止まってしまいましたが、
それでも最後の優勝決定戦まで、素晴らしい活躍を見せてくれました。
しかし連勝に期待していたこともまた事実で、残念に思った時もありました。

 そんな感情を払拭させてくれたのが、
久しぶりに大関らしい活躍の把瑠都関であり、横綱を破った稀勢の里関であり、
2001年の秋場所、当時前頭二枚目の琴光喜関以来の、
平幕優勝の可能性を残した豊ノ島関でした。

 そして忘れてはいけないのが、ご当地の大関魁皇です。
太ももや膝の怪我があり、先場所は角番でした魁皇関。
今場所でも元々の人気以上の期待を抱いていなかったのが本当のところでした。

 しかし初日に敗れはしたものの、その後は怒涛の11連勝。
得意の小手投げを駆使して若い力士と闘う姿には、本当に胸を打たれました。

 ご当地ということもあり元々の人気に、更に一時は優勝の期待も持たれた魁皇関。
文句なく今場所で一番声援が多かったです。わたしも一番感動しました。

 角界にとっては朝青龍関の引退、反社会的勢力との繋がり。
その後の賭博問題、関連して琴光喜関の解雇など本当に厳しい一年となりましたが、
最後にこうして楽しんで大相撲を締めくくれたのは良かったことだと思います。

 場所が終わったばかりで気が早すぎるかもしれませんが、
初場所でも今場所のような盛り上がりを見せて頂ける事を期待しつつ、
今か今かと待ちわびていたいと思います。
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
112810 120209

 そのお話はとりあえず置いておいて(;^ω^)
今日は罠習得の続きを頑張ってきました。

 ↑の装備・・・明らかに前が見えていないように思いますが、
実は投てき術がブーストされる装備なのです。
(;´-`)。oO(心の眼で見ているのでしょうか・・・)

112810 121759

 他にも仕掛け矢の最高峰である、猛毒矢と痺れ矢も習得することができました。
これで今ある罠の技は全て覚えたことになります。
トラップマイスター(o'ω'o)?

112810 140533

 その後、毒矢を習得しに南米へ行ったついでに、沈没船を引き上げました。
時間はかかりましたが、引き上げ自体は問題なく終わらせることができたのです。

112810 141400

 問題はその後に提示された地図でした。
・・・海しか描かれていません(。-`ω´-)

 40隻目にして早くもサルベージャ生命最大の危機です(-ω-ll)
あぶりだしをしてみれば、あるいは(;´・ω・)

112810 221027

 夜には昨日のツアーの続きにご一緒させて頂きました。
「猟犬」のクエストはお友達に出して頂いて、なんとかクリアすることができました!

 その後は、サンジョルジュやザンジバルで生物学のお勉強をしました。
知能がとても高い「ヨウム」や、有名な童謡とのギャップが激しい「アイアイ」。

 最後はインドまで足を延ばして、「ニシキヘビ」の調査も行いました。
これでクマクエストの予習は万全ですね!
どんな危険生物が現れても対処できる・・・ハズです(´・ω・`)

view0144380.jpg

 さてさて、九州場所は横綱白鵬が14勝1敗で優勝しました。
2日目に稀勢の里関に敗れ、連勝記録は止まってしまいましたが、
それでも最後の優勝決定戦まで、素晴らしい活躍を見せてくれました。
しかし連勝に期待していたこともまた事実で、残念に思った時もありました。

 そんな感情を払拭させてくれたのが、
久しぶりに大関らしい活躍の把瑠都関であり、横綱を破った稀勢の里関であり、
2001年の秋場所、当時前頭二枚目の琴光喜関以来の、
平幕優勝の可能性を残した豊ノ島関でした。

 そして忘れてはいけないのが、ご当地の大関魁皇です。
太ももや膝の怪我があり、先場所は角番でした魁皇関。
今場所でも元々の人気以上の期待を抱いていなかったのが本当のところでした。

 しかし初日に敗れはしたものの、その後は怒涛の11連勝。
得意の小手投げを駆使して若い力士と闘う姿には、本当に胸を打たれました。

 ご当地ということもあり元々の人気に、更に一時は優勝の期待も持たれた魁皇関。
文句なく今場所で一番声援が多かったです。わたしも一番感動しました。

 角界にとっては朝青龍関の引退、反社会的勢力との繋がり。
その後の賭博問題、関連して琴光喜関の解雇など本当に厳しい一年となりましたが、
最後にこうして楽しんで大相撲を締めくくれたのは良かったことだと思います。

 場所が終わったばかりで気が早すぎるかもしれませんが、
初場所でも今場所のような盛り上がりを見せて頂ける事を期待しつつ、
今か今かと待ちわびていたいと思います。
スポンサーサイト

【2010/11/28 23:59】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。