ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~
予想通り、インド~アジア間航路の長さに泣き言が漏れるペンソルです。

 マラッカ海峡といいNPCも多いですからね~
ジャワ海辺りは風向きがコロコロと変わってしまいますし。
まったく・・・航海士泣かせの嫌な航路です!o(`ω´*)o

081210 210917

 そんな航路も自在に乗りきるためには、航海術を学ぶのが一番です!
そこで学問の神様と呼ばれる、菅原道真公の御霊廟にお参りしてきました。
(ちょっと強引ですねw)

081210 001018

 日本の発見物繋がりで、「道成寺の鐘」なるものの調査も行いました。
この鐘は「安珍・清姫伝説」という伝説に登場し、
ある恐ろしい行為に使用されたことで有名です。

 ある頃、紀伊の国に安珍という僧が参詣に訪れました。
そんな安珍に、清姫という少女が恋をするのです。

 清姫は安珍に自分を娶ってくれるよう頼みますが、
安珍は「僧としての務めが終わり次第必ず戻って来る」と言い残し、その場を後にします。
しかし安珍は、約束通りに清姫の下へ戻っては来なかったのです。

 清姫は怒り安珍を追いかけます。
そして安珍に真意を問おうとすると、
彼は「人違いだ」と言い張り、船に乗って対岸へと逃げ去ってしまいます。

 事ここに至り、清姫の怒りは頂点に達し、
大蛇の姿に身を変えて、河の向こうへ消えた安珍を追います。

SekienDojoji-no-kane.jpg

 河を渡った安珍は、
道成寺という寺の僧に頼み込み、その身をかくまってもらいます。

 ほどなく大蛇となった清姫が道成寺に辿りつきます。
寺中を這いまわり探すと、寺の鐘が下りていることに気付きました。

 すぐさま清姫は、安珍が隠れた鐘にその巨大な身を絡ませると、
大蛇の尾で鐘を怒りにまかせ、何度も何度も打ち叩き続けます。
そして清姫はとどめとばかりに、鐘に口から炎を吐きかけたのです。

 「三時余り火災燃え上がり、人近づく様なし」
やがて清姫はその身を鐘から離すと、血色の涙を流して去って行きました。
後には焼けただれた鐘と、安珍の亡き骸が残されていたそうです---

 という夏っぽい怪談風なクエストでした(*゚ー゚)
今回発見した鐘は現存していまして、
和歌山にある物語の道成寺ではなく、
京都にある妙満寺というお寺に保管されています。

 怖いもの見たさな方は訪れてみてはいかがでしょう。
清姫が巻きついた蛇の跡が残っているそうですよ・・・(ΦωΦ)
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
081210 210917

 そんな航路も自在に乗りきるためには、航海術を学ぶのが一番です!
そこで学問の神様と呼ばれる、菅原道真公の御霊廟にお参りしてきました。
(ちょっと強引ですねw)

081210 001018

 日本の発見物繋がりで、「道成寺の鐘」なるものの調査も行いました。
この鐘は「安珍・清姫伝説」という伝説に登場し、
ある恐ろしい行為に使用されたことで有名です。

 ある頃、紀伊の国に安珍という僧が参詣に訪れました。
そんな安珍に、清姫という少女が恋をするのです。

 清姫は安珍に自分を娶ってくれるよう頼みますが、
安珍は「僧としての務めが終わり次第必ず戻って来る」と言い残し、その場を後にします。
しかし安珍は、約束通りに清姫の下へ戻っては来なかったのです。

 清姫は怒り安珍を追いかけます。
そして安珍に真意を問おうとすると、
彼は「人違いだ」と言い張り、船に乗って対岸へと逃げ去ってしまいます。

 事ここに至り、清姫の怒りは頂点に達し、
大蛇の姿に身を変えて、河の向こうへ消えた安珍を追います。

SekienDojoji-no-kane.jpg

 河を渡った安珍は、
道成寺という寺の僧に頼み込み、その身をかくまってもらいます。

 ほどなく大蛇となった清姫が道成寺に辿りつきます。
寺中を這いまわり探すと、寺の鐘が下りていることに気付きました。

 すぐさま清姫は、安珍が隠れた鐘にその巨大な身を絡ませると、
大蛇の尾で鐘を怒りにまかせ、何度も何度も打ち叩き続けます。
そして清姫はとどめとばかりに、鐘に口から炎を吐きかけたのです。

 「三時余り火災燃え上がり、人近づく様なし」
やがて清姫はその身を鐘から離すと、血色の涙を流して去って行きました。
後には焼けただれた鐘と、安珍の亡き骸が残されていたそうです---

 という夏っぽい怪談風なクエストでした(*゚ー゚)
今回発見した鐘は現存していまして、
和歌山にある物語の道成寺ではなく、
京都にある妙満寺というお寺に保管されています。

 怖いもの見たさな方は訪れてみてはいかがでしょう。
清姫が巻きついた蛇の跡が残っているそうですよ・・・(ΦωΦ)
スポンサーサイト

【2010/08/12 23:58】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。