ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~
昨日の夜は用事があって、いったん欧州へ戻っていました。

 用事を済ませアジア行きのクエストを探していると、
あの太平洋に関連したクエストが、依頼に出ていたのでした---

080810 200240

 クエスト名は「旅の終わり」
今回の目的は、太平洋横断を達成したマゼランが到達した土地の調査です。

 以前の「マールパシフィコ」でも書きましたが、
新大陸西岸から東南アジアまでは、僅かな距離しかないと考えられていました。
その過ちに気付き限界の中到達したこの地で、彼はどの様な行動に出たのでしょうか。

080910 215002

 彼は現地の住民に、自らへの服従を強いました。
結果、隣島からやってきた酋長ラプ・ラプと戦闘状態になり、
マゼランは毒矢を受け命を落としてしまったのです。

080910 215500

 こうして後の世界周航は、残された最後の一隻、
ビクトリア号船長「エルカノ」に引き継がれることになります。

080910 220447

 マゼランが訪れた土地の調査に関連して、
マゼラン海峡を越えた後、地獄で目にしたという楽園を探すことになりました。

080910 221521

 マニラのコンキスタドール、ロペス・デ・レガスピさんにお話を伺うと、
レガスピさんがマゼランと同じように太平洋を越えた時、
セブ島ともマニラとも違う島に上陸したのだそうです。

 そこは屈強な体の人間が自然と共に生きているという、
およそ文明とはかけ離れた島でした。

 しかし、そんな環境には似つかわしくない点が一点だけあったのです。
それは「鉄の剣」を持っていたことでした。

 つまり、鋳造の技術を持った文明人と関わっているのではないか?というのです。
さらに言えば、それが困窮したマゼラン艦隊だったとしたら・・・

080910 222432

 まさしくそこは、マゼラン艦隊が99日の航海の果てに到達した地でした。
鉄の武器は元はマゼラン艦隊の物で、島の食料と物々交換したものだったようです。

 西回り世界一周という目的の最大の難関、
穏やかでありながらあまりにも広いその太平洋を制覇しながらも、
現地での布教の最中殺害され、その夢は潰えたマゼラン。

 そんな彼の世界周航を引き継いだエルカノは、
その1年半後にスペインへ帰国し、世界周航を達成します。

 ちなみに「世界を一周」という意味では、
マゼランは25歳の時にセブ島を訪れたことがあり、
エルカノより先に世界一周を達成したと言えます。

 さらに言えば、この時マゼランはマレー人の「エンリケ」という人物を奴隷にしています。
そしてエンリケはマゼラン世界周航の際も同行し、太平洋を渡ってセブ島へ到達しています。
この時点でマゼランと同時に、世界一周を果たした最初の人類となったわけです。
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
080810 200240

 クエスト名は「旅の終わり」
今回の目的は、太平洋横断を達成したマゼランが到達した土地の調査です。

 以前の「マールパシフィコ」でも書きましたが、
新大陸西岸から東南アジアまでは、僅かな距離しかないと考えられていました。
その過ちに気付き限界の中到達したこの地で、彼はどの様な行動に出たのでしょうか。

080910 215002

 彼は現地の住民に、自らへの服従を強いました。
結果、隣島からやってきた酋長ラプ・ラプと戦闘状態になり、
マゼランは毒矢を受け命を落としてしまったのです。

080910 215500

 こうして後の世界周航は、残された最後の一隻、
ビクトリア号船長「エルカノ」に引き継がれることになります。

080910 220447

 マゼランが訪れた土地の調査に関連して、
マゼラン海峡を越えた後、地獄で目にしたという楽園を探すことになりました。

080910 221521

 マニラのコンキスタドール、ロペス・デ・レガスピさんにお話を伺うと、
レガスピさんがマゼランと同じように太平洋を越えた時、
セブ島ともマニラとも違う島に上陸したのだそうです。

 そこは屈強な体の人間が自然と共に生きているという、
およそ文明とはかけ離れた島でした。

 しかし、そんな環境には似つかわしくない点が一点だけあったのです。
それは「鉄の剣」を持っていたことでした。

 つまり、鋳造の技術を持った文明人と関わっているのではないか?というのです。
さらに言えば、それが困窮したマゼラン艦隊だったとしたら・・・

080910 222432

 まさしくそこは、マゼラン艦隊が99日の航海の果てに到達した地でした。
鉄の武器は元はマゼラン艦隊の物で、島の食料と物々交換したものだったようです。

 西回り世界一周という目的の最大の難関、
穏やかでありながらあまりにも広いその太平洋を制覇しながらも、
現地での布教の最中殺害され、その夢は潰えたマゼラン。

 そんな彼の世界周航を引き継いだエルカノは、
その1年半後にスペインへ帰国し、世界周航を達成します。

 ちなみに「世界を一周」という意味では、
マゼランは25歳の時にセブ島を訪れたことがあり、
エルカノより先に世界一周を達成したと言えます。

 さらに言えば、この時マゼランはマレー人の「エンリケ」という人物を奴隷にしています。
そしてエンリケはマゼラン世界周航の際も同行し、太平洋を渡ってセブ島へ到達しています。
この時点でマゼランと同時に、世界一周を果たした最初の人類となったわけです。
スポンサーサイト

【2010/08/09 23:45】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。