ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~
今日は久しぶりに、冒険らしい冒険ができました。

 ただ発見するだけでなく、
それぞれの背景を読み解いていくのが、冒険の醍醐味ですからね(´▽`*)

 今日発見したものは、
そんな醍醐味を十二分に感じられる、ロマン溢れるものでした。

072210 220357

 さて、そんな今回のクエストは「マヤの王墓」です。
どうやらパレンケに関するもののようですが・・・

072210 221238

 先にパレンケへ赴いた学者さんのお話では、
当初はパレンケ王墓の発見を目標にしていたそうですが、
人数や予算の関係で、何の進展も得られなかったのだそうです。

 そんな調査を、ピラミッド型の建造物を重点的に調査する、
という方針の下に受け継ぐことになりました。

072210 223330

 早速現地で情報を集めてみると、
王墓について様々な意見を得ることができました。

 まず、調査対象としているピラミッド型の建造物は、
神殿の役割を果たしており、頂上部にある祭壇のために建っているにすぎない。

 マヤの王墓は幾重にも石壁で覆われており、
外見上で墓かそうでないかを判断するのは難しい。

 マヤの住人達は昔、唐突に今まで住んでいた街を捨てて、
どこかへ移り住んだことがある。
そのため、王墓のように重要なものは存在しないのではないか。

072210 230534

 以上の情報で気になったことが、「王墓は外見上で判断できない」という新情報でした。
そこで、一番目立つ宮殿から、やや外れたところにある神殿を調査してみると、
朽ちたように見える神殿の内部には、地下へ潜るための階段が隠されていました。

072210 225403

 そこは紛れもなくパレンケ王であるパカル王の王墓でした。
そんなパカル王自身が眠っていた石棺を発見です。

Palenque_Ruins.jpg

 パレンケ遺跡の本格的な調査が始まった年が1948年。
その4年後の1952年6月15日に、メキシコの考古学者「アルベルト・ルス」が、
「碑銘の神殿」の地下室に辿りつきました。

 ピラミッドをいったん登りきり、
その上にある神殿の内部に、さらに地下へと延びる階段が隠されていたのです。

parenke8.jpg

 そこでは、殉死者数体の遺体や大量の副葬品とともに、
王の姿が彫刻された石棺が埋もれていました。
そこに眠る人物こそ、翡翠の仮面を被ったバカル王の遺体だったのです。
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
072210 220357

 さて、そんな今回のクエストは「マヤの王墓」です。
どうやらパレンケに関するもののようですが・・・

072210 221238

 先にパレンケへ赴いた学者さんのお話では、
当初はパレンケ王墓の発見を目標にしていたそうですが、
人数や予算の関係で、何の進展も得られなかったのだそうです。

 そんな調査を、ピラミッド型の建造物を重点的に調査する、
という方針の下に受け継ぐことになりました。

072210 223330

 早速現地で情報を集めてみると、
王墓について様々な意見を得ることができました。

 まず、調査対象としているピラミッド型の建造物は、
神殿の役割を果たしており、頂上部にある祭壇のために建っているにすぎない。

 マヤの王墓は幾重にも石壁で覆われており、
外見上で墓かそうでないかを判断するのは難しい。

 マヤの住人達は昔、唐突に今まで住んでいた街を捨てて、
どこかへ移り住んだことがある。
そのため、王墓のように重要なものは存在しないのではないか。

072210 230534

 以上の情報で気になったことが、「王墓は外見上で判断できない」という新情報でした。
そこで、一番目立つ宮殿から、やや外れたところにある神殿を調査してみると、
朽ちたように見える神殿の内部には、地下へ潜るための階段が隠されていました。

072210 225403

 そこは紛れもなくパレンケ王であるパカル王の王墓でした。
そんなパカル王自身が眠っていた石棺を発見です。

Palenque_Ruins.jpg

 パレンケ遺跡の本格的な調査が始まった年が1948年。
その4年後の1952年6月15日に、メキシコの考古学者「アルベルト・ルス」が、
「碑銘の神殿」の地下室に辿りつきました。

 ピラミッドをいったん登りきり、
その上にある神殿の内部に、さらに地下へと延びる階段が隠されていたのです。

parenke8.jpg

 そこでは、殉死者数体の遺体や大量の副葬品とともに、
王の姿が彫刻された石棺が埋もれていました。
そこに眠る人物こそ、翡翠の仮面を被ったバカル王の遺体だったのです。
スポンサーサイト

【2010/07/22 23:08】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。