ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~
今日は一つだけ、冒険クエストをやってきました。
ちょっと前にやった、アステカ帝国人身御供の調査の続きです。

061810 232302

 アステカ帝国では、いままでで4回世界が滅びたと考えられてきました。
世界とは太陽そのものだったため、太陽が決して闇の神に負けないようにする、
ということが重要だったのです。

061810 235456

 今回のクエストでは、太陽神のエピソードが明らかになりました。
現在の太陽神「トナティウ」は、完全な状態では産まれてこず、
闇を晴らすことができませんでした。

 そこでテクシステカトルという神が太陽神の灼熱に飛び込み、
一体となることで目覚めさせようとしました。
しかしそのテクシステカトルが、いざ儀式の時になって臆病風を吹かせてしまったのです。

 そこで出てきたのが、双子の弟のナナウトツィンでした。
彼が先陣をきって灼熱に飛び込んだことで、
テクシステカトルも奮い立ち、後に続いて飛び込むことができました。
こうして無事に太陽が目覚めることができたのでした。

061810 235827

 しかし目覚めた太陽神は、熱さと渇きを象徴する神として産まれてきていました。
その要求を満たすために必要だったのが、人間の心臓だったわけです。

 今回発見したのは、その人身御供を成立させるのに欠かせない、黒曜石のナイフです。
一説にアステカ繁栄の背景には、豊富な黒曜石鉱脈の存在が挙げられるそうです。

 単純に生け贄と言っても、彼らには彼らなりの思想や苦心があるのですね。
前回訪れたときは、そのグロテスクな面のみが目につきましたが、
今回の一件で、その行為の意味が理解できました。


061810 225133

 そうそう!急に平和なお話になりますがw
イベントが星5つになったのですよ~

 これでとりあえずランスローさんのお話はクリア・・ですかね?
ちなみに、馬は貰えそうもありません・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
061810 232302

 アステカ帝国では、いままでで4回世界が滅びたと考えられてきました。
世界とは太陽そのものだったため、太陽が決して闇の神に負けないようにする、
ということが重要だったのです。

061810 235456

 今回のクエストでは、太陽神のエピソードが明らかになりました。
現在の太陽神「トナティウ」は、完全な状態では産まれてこず、
闇を晴らすことができませんでした。

 そこでテクシステカトルという神が太陽神の灼熱に飛び込み、
一体となることで目覚めさせようとしました。
しかしそのテクシステカトルが、いざ儀式の時になって臆病風を吹かせてしまったのです。

 そこで出てきたのが、双子の弟のナナウトツィンでした。
彼が先陣をきって灼熱に飛び込んだことで、
テクシステカトルも奮い立ち、後に続いて飛び込むことができました。
こうして無事に太陽が目覚めることができたのでした。

061810 235827

 しかし目覚めた太陽神は、熱さと渇きを象徴する神として産まれてきていました。
その要求を満たすために必要だったのが、人間の心臓だったわけです。

 今回発見したのは、その人身御供を成立させるのに欠かせない、黒曜石のナイフです。
一説にアステカ繁栄の背景には、豊富な黒曜石鉱脈の存在が挙げられるそうです。

 単純に生け贄と言っても、彼らには彼らなりの思想や苦心があるのですね。
前回訪れたときは、そのグロテスクな面のみが目につきましたが、
今回の一件で、その行為の意味が理解できました。


061810 225133

 そうそう!急に平和なお話になりますがw
イベントが星5つになったのですよ~

 これでとりあえずランスローさんのお話はクリア・・ですかね?
ちなみに、馬は貰えそうもありません・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト

【2010/06/18 23:58】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。