ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは~(今日はネタバレがあります!ご注意です!!
実はいま進行中の連続クエストなのですが・・・
最後の方のクエストが、スキルランクの関係でクリアできないかもしれないのです・・・
やれるところまではやってみるつもりですが><

061110 212610

 さて、ヒホンの娘さんの一件を覚えていらっしゃるでしょうか。
彼女は自分の父親が、本当の父親ではないと知ってしまい、
依頼として悩みを打ち明けられたのでした。

 その場で父親に真相を聞くと、なにやらうやむやにされてしまいました。
その真相をようやく聞くことができるのでしょうか。

061110 213210

 やはり娘さんは、本当の子供ではなかったようです。
しかしそれ以上に驚いたのが、実父があのハプスブルク家血筋のお方だった事実です。

 しかし実母の生まれの身分から、嫡子としては認められず、
生まれたことそのものを隠され、毒殺されかかったところを、
現在の育てのご両親に引き取られたそうなのです。

 本当のご両親のことで悩む娘さんや、
今になってやってきた、実父の使者に困惑する義父も可哀そうですが、
お腹を痛めた娘を手放さなければならなかった、実母の心中はいかほどだったでしょうか・・・

061110 214054

実は、それに関してとても重要な依頼もあったのです。

061110 214324

 始まりは、イスパニアの伝統舞踊の調査、
というよくある依頼だと思われました。
身分の高い方からのというのが、少し違和感を覚えましたが。

061110 215839

 その舞踊とは、フラメンコでした。
わたし自身も、ロマ音楽という形で頻繁に耳にするくらい身近な舞踊です。

 そこで出てきた名前が、
昨日の闘牛の一件で調査した、闘牛士レスカトールと人気を二分する存在だったという、
バルセロナの踊り手ミカエラの名でした。

 昨日の調査で確認済みでしたが、やはり彼女の姿は見られなくなっているようです。
しかしマスターから、ミカエラさんには怪しい常連客がいたとの新情報を得られました。

061110 221011

 その謎の男性は、毎回のようにミカエラさんを見に来ており、
また訪れるたびに、リラの花を送っていたそうです。

 ここでもリラの花・・・
確証に段々と近づくなか、とんでもない証言を入手してしまいました。

061110 222248

 なんと、毎回ミカエラさんに会いに来ていた怪しい男の正体は、
幼き日の神聖ローマ帝国皇帝「カール5世」その人だったというのです。

 カール5世といえば、ハプスブルク家出身です。
皇帝はフラメンコの踊り手ミカエラさんのもとへ足繁く通っていました。
ヒホンの娘さんはハプスブルク家出身の者の実子でした。

 そして両者を繋ぐリラ。
その香りは、遥かカリブの地でも・・・
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
061110 212610

 さて、ヒホンの娘さんの一件を覚えていらっしゃるでしょうか。
彼女は自分の父親が、本当の父親ではないと知ってしまい、
依頼として悩みを打ち明けられたのでした。

 その場で父親に真相を聞くと、なにやらうやむやにされてしまいました。
その真相をようやく聞くことができるのでしょうか。

061110 213210

 やはり娘さんは、本当の子供ではなかったようです。
しかしそれ以上に驚いたのが、実父があのハプスブルク家血筋のお方だった事実です。

 しかし実母の生まれの身分から、嫡子としては認められず、
生まれたことそのものを隠され、毒殺されかかったところを、
現在の育てのご両親に引き取られたそうなのです。

 本当のご両親のことで悩む娘さんや、
今になってやってきた、実父の使者に困惑する義父も可哀そうですが、
お腹を痛めた娘を手放さなければならなかった、実母の心中はいかほどだったでしょうか・・・

061110 214054

実は、それに関してとても重要な依頼もあったのです。

061110 214324

 始まりは、イスパニアの伝統舞踊の調査、
というよくある依頼だと思われました。
身分の高い方からのというのが、少し違和感を覚えましたが。

061110 215839

 その舞踊とは、フラメンコでした。
わたし自身も、ロマ音楽という形で頻繁に耳にするくらい身近な舞踊です。

 そこで出てきた名前が、
昨日の闘牛の一件で調査した、闘牛士レスカトールと人気を二分する存在だったという、
バルセロナの踊り手ミカエラの名でした。

 昨日の調査で確認済みでしたが、やはり彼女の姿は見られなくなっているようです。
しかしマスターから、ミカエラさんには怪しい常連客がいたとの新情報を得られました。

061110 221011

 その謎の男性は、毎回のようにミカエラさんを見に来ており、
また訪れるたびに、リラの花を送っていたそうです。

 ここでもリラの花・・・
確証に段々と近づくなか、とんでもない証言を入手してしまいました。

061110 222248

 なんと、毎回ミカエラさんに会いに来ていた怪しい男の正体は、
幼き日の神聖ローマ帝国皇帝「カール5世」その人だったというのです。

 カール5世といえば、ハプスブルク家出身です。
皇帝はフラメンコの踊り手ミカエラさんのもとへ足繁く通っていました。
ヒホンの娘さんはハプスブルク家出身の者の実子でした。

 そして両者を繋ぐリラ。
その香りは、遥かカリブの地でも・・・
スポンサーサイト

【2010/06/11 23:09】 | 大航海時代
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。