ゲーム「大航海時代」や日々の出来事日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael-Jackson.jpg

 King of popこと、Michael Jacksonさんが亡くなって2年になりました。
50歳というあまりにも早い死から、2年です。

 常々考えてしまうのですが、もしマイケルさんが生きていらっしゃったら、
いったいどんな素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたのだろうと。

 this is itの完成した姿を。
また、ツアーとは異なる形で表現されるマイケルさんの作品を。

doc4a92fc2234239872918800.jpg

 マイケルさんは、後年になっても魅力を失わない方でした。
2001年9月10日、30th AnniversaryのBillie Jean曲中、
ムーンウォーク後に向き直り、大胆にアレンジしての歌、足を強くバタつかせ、シャウト。
わたしが一番好きなマイケルさんのパフォーマンスのひとつです。

 マイケルさんは43歳の時点でも、これだけのパフォーマンスを実現させる方でした。
それは7年後のthis is itでも健在で、透き通った美しい歌声を楽しませてくれました。

 そんな衰えを感じさせないマイケルさんだからこそ、
身勝手な考えと知りつつも、新しい作品に興味が湧いてしまうのです。

 そしてそんな興味が尽きないからこそ、
絶対に叶わない願いだとしても、想像せずにはいられないのです。

michaeljacksonhollywoodd.jpg

 マイケルジャクソンという最も偉大な音楽家がこの世を去ったいま、
彼自身の作品は様々な人の手によって、新しい命を吹き込まれています。

 昨年12月に発売された、マイケルさんの未発表曲を収録したアルバム「MICHAEL」
未発表曲ということは、マイケルさんは世の中に出したくなかったのかもしれません。
しかしそれでもマイケルさんの新しい世界を覗いてみたいと思ってしまうのは、
彼に魅了された人であれば避けられない欲求なのではないでしょうか。

 上の写真は、そんなMICHAELの中の一曲「Hollywood Tonight」のSFです。
全般に渡ってマイケルさんの振り付けが盛り込まれていまして、
スリラーやデンジャラス、スムースクリミナルなどなどの動きを見ることができます。

syl9iq.jpg

 こうして、マイケルさんの世界は回り続けています。
ご本人が望んだことか望まなかったことかは、わたしにはわかりません。

 ただ確実なことは、
かつてマイケルジャクソンという物語に出てくるような人物が実在していて、
その人物はこの世の中に音楽の贈り物を残してくれたということ。

 そしてわたしにとってその贈り物は、
世界中のどこを探しても見つけることのできない、素晴らしいものだということです。
スポンサーサイト

【2011/06/26 23:13】 | 音楽
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。